正しいお金の使い方を知る上で大切なことをまとめました。

正しくお金を使うために-お金を借りる時の心得

MENU

お金はよく考えて使うこと

 

クレジットカード現金化は、通常の消費者金融などのローンを組めない方が利用する事が多いです。

 

急な出費が必要なやむを得ない状況の場合は仕方がないですし、家族や知人にお金を借りて人間関係を壊すよりかは、手数料を払ってでも業者から資金調達する事は決して悪い事ではありません。
しかし、クレジットカード現金化では次の用途で利用する方が多いです。

 

  • ギャンブル費用の調達
  • 飲食店の接客スタッフなどに貢ぐ行為
  • その他、自分自身が遊ぶお金

 

このように、自分が我慢したり節約する事で抑えられる出費のためには、極力ローンやクレジットカード現金化を利用しないようにしましょう。

 

正しいお金の使い方

お金の使い方を覚えないと、どんどん借金が膨らんでしまい、最終的に返済ができなくなってしまいます。
返済が滞ると将来ローンを組めなくなり人生設計がしにくくなるなど、デメリットがたくさんあります。

 

 

自分の娯楽では絶対にお金を借りない

人生はやり直しができませんし、遊べる時に思いっきり遊ぶ事は大切です。
しかし、今しかできない事だからといって、お金を借りて自分の娯楽に投資する行為は破滅への第一歩です。

 

もちろん本当にお金を借りてでもやらないと、その先ずっと後悔してしまう事であれば、我慢する事が良いとは限りません。
しかし、自分の娯楽のためにお金を借りてしまうと、自制心が保てなくなり、その後はギャンブルや平凡な飲み会など、特別な事以外に対してもお金を借りるようになってしまいます。

 

「今回だけ」という気持ちでお金を借りる時は、一層気を引き締めてその後は節約生活をして、借入を繰り返さないように心がける事が求められます。

 

 

返済できる見込がなければ絶対に借りない

クレジットカードは一度発行してしまえば、カードの返済を巡るトラブルさえなければ、使い続ける事ができます。

 

仮に仕事を辞めて無職になったり、他のローンで返済遅延してブラックリストに載っていたり、他社の返済で生活費がショートしている場合でもクレジットカードは使えます。

 

審査不要で手軽に利用できる事から、返済できる目処がないのに、現金化サービスを利用する方がいます。
当然、そんな状況で利用すると返済ができず利息や遅延損害金が膨れていって借金地獄にはまりってしまいます。

 

返済できる見込がなければ、利息や遅延損害金が発生するローンやカードの分割利用は絶対にしてはいけません。

 

借金イメージ

 

クレジットカード現金化はこんな時に便利