クレジットカード現金化は、クレジットカードの規約に違反する行為になります。

悪徳業者も存在!?クレジットカード現金化のリスクを知ろう

MENU

クレジットカード現金化のリスク

 

クレジットカード現金化は急に現金が必要になったときに利用しやすい業者です。インターネット上だけで利用できる業者も増えてきていますし、間単に利用する事ができます。

 

しかし便利な反面、クレジットカード現金化を利用するには「リスク」も存在しています。
安易にクレジットカード現金化を利用する前に、そのリスクについてきちんと理解しておく必要があります。

 

クレジットカードと現金

 

クレジットカードの規約違反になる

クレジットカードの規約をきちんと見た事がある人は少ないかと思いますが、実はクレジットカード現金化を行う事は、クレジットカードの規約に違反する行為になります。

 

クレジットカードを利用した履歴は、クレジットカードの企業の方で確認する事が出来ます。
そのため換金率の高い金券や、転売すると高く売る事が出来る商品を多く購入していると、クレジットカード会社に「転売目的では?」と言う疑問をもたれるのです。

 

もしもクレジットカード会社にクレジットカード現金化を行った事がばれてしまうと、クレジットカード会社の規約に反した事になるので、今後クレジットカードを利用できなくなる可能性があります。

 

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、このような大きなリスクがあることを忘れないようにしましょう。

 

悪徳業者が存在する

クレジットカード現金化を行っている業者は多数存在していますが、その中には悪徳業者がいくつか存在しています。
悪徳業者を利用してしまうと、聞いていた金額が振り込まれなかったり、記載した個人情報を悪用されたりする恐れがあります。

 

また、知らないうちに犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
クレジットカード現金化を利用するときには、歴史がある老舗の業者や、口コミなどで評判の良い業者を利用するようにしましょう。