クレジットカード現金化業者を装った詐欺業者の手口に注意しましょう。

クレジットカード現金化の悪徳業者に注意!その詐欺の手口とは?

MENU

悪徳業者の手口とは

 

クレジットカード現金化は残念な事に一部の業者で詐欺行為が行われています。

 

 

詐欺行為の手口

 

悪徳業者イメージ

現金化詐欺で最も多いのは、カードを利用しても現金化に応じてくれない事です。
クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、何かしらの商品を購入して、キャッシュバックや買取によって還元する事で利用者が現金を手にできます。
(参考記事:クレジットカード現金化とは?)

 

つまり、必ず現金を受け取る前にクレジットカードでショッピングの決済を行う必要があります。
その後、現金を銀行振込で払うと案内していても、応じてくれない詐欺行為があります。

 

最悪なケースでは、決済をした途端電話が繋がらなくなって逃げられてしまう事もあり、ほかにもキャッシュバックは同社の中で利用できるポイントによる物だと案内される事例などがあります。

 

どのような形でも、本来クレジットカードのショッピング枠は買い物に使うものなので、被害届を出しても警察がなかなか動いてくれない事や、話を大きくすると利用したクレジットカードの規約違反がバレてしまうリスクもあります。

 

こうした利用者の立場の弱さを付いて、悪質な詐欺を繰り返している業者もあるようです。

 

近年では、取り締まりも進み、一切現金化に応じてくれない詐欺行為は少なくなってきましたが、完全にゼロではありません。
特に、電信柱の張り紙や、店頭決済や電話での受付のみで行っている業者は、詐欺業者の可能性が高いです。

 

 

クレジットカードが使えなくなってしまう

 

業者側が悪意のある詐欺行為ではありませんが、現金化のトラブルで多いのがクレジットカードがその後利用できなくなってしまうトラブルです。
クレジットカード現金化は違法ではありませんがカード会社の規約違反になります。

 

大手は、こうしたルールの隙間を上手にくぐり抜けるノウハウを持っていますが、新規参入の中小業者は違反を突っ込まれ利用者のカードも停止処分になってしまう事があります。

 

もちろん、カードの利用停止になった場合でも現金化業者は何も保証してもらえず、警察や消費者センターなどの第三者機関に相談しても、利用者自身もルール違反のサービスを利用した落ち度があるため、対応してもらえません。

 

こうしたトラブルを避けるためにも、詐欺行為を行っている業者やノウハウ不足の業者に引っかからないように慎重に業者選びをする必要があります。