クレジットカード現金化業者の利益が換金率に影響しています。

クレジットカード現金化業者によって換金率が異なるのは何故か

MENU

換金率の違いの理由

 

クレジットカード現金化の当初の形式は、クレジットカードで購入した金券などを換金して、その買い取り金額を渡すというやり方が一般的でした。
なぜなら当時はインターネットがあまり普及していなかった為、実店舗を利用する事が一般的だったことが理由のようです。

 

現在では、インターネットを利用してクレジットカード現金化が行えるようになりました。そのため、金券以外にもさまざまな商品を購入し、それを現金化できるようになりました。
しかし、クレジットカード現金化を行う業者によって換金率が異なってくるのです。それはなぜなのでしょうか?

 

クレジットカード現金化業者の利益の為

 

大きな理由のひとつに、クレジットカード現金化の業者の利益を得るということが関係しています。
例えば90%の換金率だったとして、1万円の利用だとすると業者の利益は1000円になってしまいます。対して100万円の利用であれば10万円の利益になりますので、業者にとって十分な利益になります。

 

換金イメージ

しかし、クレジットカード現金化を使用するほとんどの人は小口利用である事が多いのです。そのため換金率が高いと、業者が利益を得る事が出来なくなってしまいます。
そのため、数万円の小口利用である場合、70~80%ほどの換金率である事が多いのです。

 

逆に言えば、少ない金額の現金化であるにも関わらず高い換金率の場合は、悪徳業者である場合も考えられます。
できれば高い換金率で現金が欲しいのは誰でも一緒ですからね。
このような悪徳業者を利用してしまうと、聞いていた換金率とは違う現金を振り込まれたり、犯罪に巻き込まれるなどのリスクを背負う事になりかねません。

 

さまざまなクレジットカード現金化の換金率の相場を確認して、それに見合った業者を利用するようにしたほうが良いでしょう。

 

換金率とキャンペーン